~「ルレア・プラス」~長期戦略型中級者向け教材

夢先案内人です。

 

物販アフィリエイトを開始して

月額の収益が5千円を超えたら次のステージへ

ステップアップしましょう。

 

どの教材でも言えることですが、

まずは教材の内容に沿って愚直に実践することが大切です。

 

ここでは

将来的にレンタルサーバーを設置して本格的なサイトを運営しながら

さらなる収益の増加に向けたノウハウとツールを提供する

アフィリエイト教材をご紹介します。

 

ステップアップするための商材は

「ルレア・プラス」

という商材です。

 

この教材のお勧め度は

ico_grade6_4h

ですが、この評価についてレビューしていきます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ルレア・プラス」という教材の特徴は

アフィリエイトに関するノウハウの総合デパートという内容です。

 

総合デパートには食品売り場もあり、婦人服や紳士服、インテリアもあり、

この教材一つに様々なアフィリエイトのノウハウが凝縮されている

といっても過言ではありません。

 

私なりのこの教材の評価点ですが

100点満点中

88点

という評価です。

 

 

「ルレア」に向かない人

この「ルレア」をご紹介する前にこの教材に不向きな人を述べると

・学生時代の部活で下積み経験が嫌いで仕方なかった人

・仕事でプロセスよりも結果ばかりを重視した人

・これから未知の分野を自ら学ぼうとする真摯な考えを持てない人

などは「ルレア・プラス」に限らずアフィリエイトには不向きでしょう。

 

アフィリエイトというネットビジネスは毎日の努力の積み重ねが

成果に直結するといっても過言ではありません。

そのため仕事に例えると成果のプロセスが重要になります。

 

また教材の性質上、

「文章を書くことが嫌いで仕方がない」

という方も不向きでしょう。

 

あくまで個人的な見解ですが、

この「ルレア・プラス」にはライティング技術に関する内容は

他の教材に比較して若干少ないという印象です。

 

ライティング技術として

「ブラッドライティング戦略」の項がありますが、

・文章の書き方の基本

・引き付ける文章、引き付けるように見せる文章の書き方

・アフィリエイトに特化した文章作成術

・「売れる文章」の書き方

を解説しています。

 

この辺りが他のアフィリエイトノウハウ専門教材に比べて

比較的少ないのは否めず減点材料としてマイナス5点になります。

 

「ルレア」に取り組む人は

あくまで「ブラッドライティング戦略」を学びながら

データ検証と経験値を積み、自分でライティングスキルを磨きながら

向上していく心構えを必要とします。

 

 

どのアフィリエイト教材にも共通しますが、

教材に従って愚直に行えば行うほど似たサイトが乱立される

傾向になりますが、

あくめでイメージを構築して自分の言葉で伝えることが

他者との差別化の第一歩です。

 

 

例えれば

はげ山に木の苗をを一本ずつ行うような地道な作業ではありますが、

こうした地道な作業が後々功を奏して実を結ぶ結果となり、

こういった意味では覚悟を必要とすることは確かです。

 

 

 

「ルレア」に取り組むべき人

ネットビジネスでもアフィリエイトという分野に真摯に取り組める人

こそ取り組むべき教材だと言えます。

 

この「ルレア」自体が

すでにアフィリエイト経験があり、

さらなるアフィリエイトでの成功を目指した内容になっています。

 

そのため物販アフィリエイトでも

物販アフィリエイトのブログをすでに持っていて

ブログのデザインを一新してさらに見栄えとアクセスを良くしたい

という方には最適の教材とも言えます。

 

 

ルレアと他のアフィリエイト教材との相違点

ルレアと他のアフィリエイト教材で決定的に違う点として

・SEO対策が施された多くの無料ブログのテンプレートが付属している

・同じくSEO対策が施されたWordPressテンプレートが付属している

・具体的なアフィリエイトノウハウを詳細に解説している音声ファイルが付属している

・PDFファイルのボリュームも圧巻ですが、

一つ一つをかみ砕いてみれば初心者の方にも理解しやすい表現が行われている

といったところです。

 

 

アフィリエイトのノウハウの教材は多く存在しますが、

その多くはノウハウとノウハウ実行方法に終始して

アフィリエイトを実施するうえで必要な舞台の用意がされていません。

 

 

無料ブログにしても

無料ブログサービスから用意されたテンプレートは多く存在しますが、

デザインと機能性では無料は無料であってアフィリエイトに

そぐわないと考えるべきでしょう。

 

 

また、

長期戦略としてレンタルサーバーでサイトを運営しますが、

サイトは店舗でいう店構えであり、顔になります。

顧客に魅力的に感じてもらう上で店構えともいえるサイトのに関する

テンプレートは6種類の無料ブログに対応しています。

 

 

比較対象として

「疾風アフィリエイト」という教材が存在しますが

無料ブログのテンプレートはJUGEMのみの対応です。

 

物販アフィリエイトはサイトの量産をある程度必要とするため

対応するテンプレートのレパートリーが少ないという点から

「ルレア・プラス」のテンプレートの多さは大きな武器になります。

 

 

 

「ルレア」を手にした印象

まず第一に感じた印象ですが、

そのファイルの多さとボリュームから

「初心者さんにはちょっと無理かも・・・」

という印象です。

あまりにも膨大なボリュームという点ではマイナス5点です。

 

しかし、

すでにアフィリエイトで成果を大なり小なり生み出している方は

ノウハウの途中から実践されても成果を生み出しやすくなっています。

そういった意味では逆にプラスの評価をします。

 

20150428231859014

 

この「ルレア・プラス」に限らずどの教材でも同じですが、

最初からじっくりと手にして取り掛かるのではなく、

最初に一通り目をざっと通して全体のイメージをつかむと良いでしょう。

 

教材を進めていくには最初から詳しく読み解こうとすると

挫折しますので最初はイメージから入りましょう。

 

イメージをつかんだら一ページずつ愚直に実践することが

教材を進めるコツです。

 

まずは今日はこのページまでと、

自分なりの目標を立てることも効果的で長続きします。

 

洗練された無料ブログテンプレート

無料のブログに対応したテンプレートはバリエーションに富み、

無料ブログでも本格的なサイトに見せるようにデザインされています。

 

このテンプレートが対応する無料ブログは

・Fc2ブログ

・Seesaaブログ

・So-netブログ

・Live-doorブログ

・exciteブログ

・JUGEMブログ

とレパートリーが広いことも特徴です。

 

対応するブログサイトのテンプレートのレパートリーが広いということは

選択肢も多くできるという意味でプラス5点の評価です。

 

yume-point-image6-1

yume-point-image6-2

 

 

WordPressにも対応したテンプレートを用意

無料ブログだけではなくレンタルサーバーを導入後、

WordPressに対応したテンプレートも用意されています。

 

yume-point-image7-1

yume-point-image7-2

このテンプレートの最大の魅力は

色彩によるデザインの自由度が高いということと、

直観的な操作でデザインを確認しながらサイトを構築できる

ということに尽きるという点です。

 

カスタマイズという点では他の人との差別化を図れる一方で

SEO的にも有利な構成になっています。

 

 

「ルレア・プラス」のノウハウとは

「ルレア・プラス」のノウハウですが、

大きく3つのレパートリーに分かれています。

 

1.ショートレンジ戦略

まずは無料ブログでアフィリエイトで収益が手にできる実感を感じて下さい。

「ルレア・プラス」では無料ブログの量産を推奨していますが、

初心者が無料ブログを量産することは苦を伴う作業です。

 

この考え方ですが、

無料ブログを一日100個作って毎日記事を更新しなさいと言われれば

たいていの方はこの時点で挫折すると思います。

 

「ルレア・プラス」の手法は間違いではありませんが、

自分の知識や興味のない分野を記事にしようと思っても

満足な記事ができるはずはありません。

 

大なり小なり自分がその分野について知識と経験を持っている

分野で記事を重ねていく方が長続きします。

 

知識や経験のない分野では記事が粗雑になり

読者さんがついてこないでしょう。

 

ノウハウ自体間違いではありませんが、

ブログの量産から取り掛かるという意味においては

初心者さんにとってマイナス材料であり、

この辺の評価はマイナス5点です。

 

ショートレンジの手法は基本的に

無料ブログで楽天やAmazonアソシエイトで稼いでいく手法です。

 

アフィリエイト報酬は商品金額の1~5%と低いのですが、

分母となるインプレッション数が多ければ多いほど

クリック数と成約数も多くなります。

 

アフィリエイト報酬としては低いかもしれませんが、

アフィリエイト報酬を大きく稼ごうとブログを大量に作っても

一つのブログのコンテンツが薄いものになり

検索エンジンから高い評価を得られません。

 

そこで、ここであえて提言したいのは

得意とするブログのコンテンツを充実させて育て上げていく

ことです。

自分の得意分野での知識を生かして得意分野でのブログを育てていく

という戦略です。

 

ショートレンジ戦略で無料ブログで月数千円の収益が

3か月程度継続して上がった場合すでに次のステージへ上がる準備をします。

 

「ルレア・プラス」の中にはショートレンジで一気に収益を上げるノウハウも

提供されています。

また、

サンプルブログ、実際に稼いだサイトも教材内で用意しているため

よりイメージしながら実践することが可能です。

 

初心者の方にありがちな、どういったイメージでブログを構成していくか

といった悩みは経験すると思いますが、

方向性を示してくれるといった点では大変親切な教材とも言えます。

 

2.ミドルレンジ戦略

無料ブログで順調に収益が上がってきたら

いよいよミドルレンジへ移行します。

 

ミドルレンジへの移行の目安は月に5千円が3か月継続できた時に

ミドルレンジへ移行すべきでしょう。

 

実際のルレア販売者の意向としては月3千円という金額を推奨していますが、

安定度という観点からは月5千円という金額を推奨します。

 

ミドルレンジでは無料ブログでも可能ですが、

記事の内容次第では削除される可能性もあります。

 

記事が削除される要因として一番多いのは

著作権の侵害と誹謗中傷です。

 

著作権の侵害は販売者が撮影した商品画像も含まれますし、

商品名も同様です。

紹介する以上は商品画像や商品名の取り扱いに細心の注意を払いましょう。

 

誹謗中傷は自分の勧めたい商品をお勧めしたいばかりに

他の商品の劣る点を記事にすることです。

 

こういった記事は

アフィリエイト提携の際の審査にマイナス要素となりますので

注意を払うべき事項になります。

 

第三者によって記事が削除されることのない

レンタルサーバーでブログを構築していくことは

資産の削除のリスクを避けながら資産を構築する意味もあります。

 

ミドルレンジへ移行するには

レンタルサーバー代の初期費用がかかりますので

その費用をショートレンジで稼いでいくという考えにもなります。

 

ミドルレンジの考え方はショートレンジよりも大きく稼ぐというよりも

中期的に稼げるサイトを構築していくという考え方です。

 

ミドルレンジでは記事を最低100記事作成します。

この100記事の意味合いですが、

Googleによるコンテンツの判定の基準になるものです。

 

100記事に満たない場合はコンテンツが薄いと判断されてしまいます。

1記事あたりの文字数ですが、最低400文字は確保しましょう。

 

100記事を目安に記事を重ねてから他のサイトに手を付けます。

同時進行で多数のサイトを構築していくことは

物理的にも手が回りませんし、

メインとなるサイトが中途半端になってしまいます。

 

実践をしながら覚えていくことですが、

読者さんがついた状態で読者さんのニーズでどういった

分野のニーズが多いのかもわかってきます。

 

ミドルレンジではニーズの多い分野に特化したサイトを

構築して継続的にアフィリエイトを行っていきます。

 

先にも述べましたが、

ミドルレンジ戦略の考え方は安定的に稼げるサイトを構築することで

金額的に月1万円でも構わないわけです。

あくまで

月1万円が継続して稼げるサイトを構築することが目標です。

 

ミドルレンジでは以下のことがじっくりと学ぶことができます。

・ジャンルの選定

・商品の選定

・ライバルに対する優劣の調査方法

・キーワード選定

・記事の書き方

 

この記事は「ルレア」と紹介していますが、

現在販売されているバージョンは「ルレア・プラス」です。

 

「ルレア・プラス」になったことでキーワードの選定方法がより詳細に

記述されていてPDFに加えて動画でより詳しく解説されているため

キーワードの選定と絞り込みに戸惑うことはありません。

 

キーワードの選定は誰でも一度は躓きますし、

最も悩む項目です。

キーワードの選定に関してしっかりと解説されて理解できることは

初心者の方にとってとても嬉しいことです。

 

3.ロングレンジ戦略

ミドルレンジで収益が安定してきたらいよいよロングレンジ戦略へ移行します。

 

このロングレンジ戦略の考え方ですが、

一つのサイトで決めた目標額を大きく稼ぐというわけではなく

月収20万円ならば、それを長期的に稼いでいく戦略になります。

 

例えば月収20万円という金額を例に挙げましたが、

月収100万円を目指したいのであれば

月収20万円のサイトを5つ作るというお話です。

 

ロングレンジへの移行の目安としては

安定して収益を出せるミドルレンジのサイトをいくつ構築できるか

が一つのカギになるでしょう。

 

月収20万円という表現をしましたが、あくまで一例です。

極論月収で1万円安定的に収益をもたらすサイトであれば

それを20個作れば月収20万円になります。

 

ただ、

ショートレンジ戦略でもミドルレンジ戦略でも同じですが、

商品を売り込むということは

相応のコピーライティングスキルを同時に身に着けていく必要があります。

 

ショートレンジのように1記事100文字程度の記事を量産していくのではなく、

1記事最低500文字程度の記事を重ねて100記事以上にしていくわけですから

量産しなさいという点で挫折してしまいます。

 

ロングレンジ戦略の究極は「外注化」です。

しかし、

いきなり外注というわけにはいきませんので

やはり文章スキルを自ら上げていった方がコストはかかりません。

 

あくまで経験値ですが、

キーワード選定に間違っていないようでしたら

ユニークアクセスだけで50~100のアクセスは集まります。

 

後はサイトにマッチした商品を紹介するだけです。

その一方で、あくまでキーワードの選定の一例ですが、

薄毛で悩んでおられる方に「かつら」を紹介するのは

少し間違いです。

 

読者さんは薄毛を何とかしたい、治療法はないかと

検索しているのですから

「薄毛 治療法」「薄毛 シャンプー」「薄毛 対策」

といった複合キーワードを設定する必要があります。

 

「ルレア・プラス」ではライティングスキルに

関するノウハウは事細かには書かれていません。

これが先にも述べたマイナス5点の材料です。

 

ただ、

ライティングスキルはショートレンジ、ミドルレンジを通じて

キーワードを含めてどのような記事内容であればアクセスが集まるか

身をもって体験すると思います。

 

アクセスが集中するようなキーワードと記事内容に絞って

さらに特化して記事を重ねていくのがロングレンジ戦略です。

 

ここでおさらいして確認することは、

ショートレンジとミドルレンジで磨いたライティング技術と

キーワード選定が実を結ぶのがロングレンジというわけです。

 

収益を順調に上げられるようになった段階で

「外注化」を考えていけばいいでしょう。

「外注化」で記事を重ねていきたい量産したい場合には

募集手段としてTwitterやFacebookがおすすめです。

 

SOHOなどのサイトもネット上には存在しますが、

TwitterやFacebookは同じ趣向を持つ人が集まりますので

記事を書くうえで知識があると考えて下さい。

 

SOHOなどのサイトで募集した場合には

逆にコストが高くなる可能性もありますので

利用しない方が良いと思います。

 

ロングレンジ戦略も同様ですが、

アフィリエイトの進め方としては毎月の目標金額を設定する

ことが大切です。

 

今月は1万円を目標にした場合には

目標を達成するように記事を重ねていくことが

大切になります。

これはアフィリエイトに限らずネットビジネス全般に言えます。

 

成果が上がらないサイトには早々に見切りをつけて

成果の上がっているサイトに力を注ぐことは

ビジネスの集約化にもつながります。

 

ノウハウはもちろん成果と実績には定評のある教材です。

ぜひ取り組んで実感してください。

mousikomi5

 

 

お申込みいただいた方には特典として

1. 最低限度理解しておきたいHTML,CSS

2. メールフォーム作成方法

3. サイトカラムの種類と特徴

4. オリジナルバナー・マーク・素材

5. SEO対策マニュアル

6. オートコメンテーター

7. ブロガー管理一元ツール

8. ランディングページ作成支援ツール

9. ロリポップアップロード支援ツール

10. 短縮URL作成支援ツール

11. トレンドキーワード取得ツール

12. Twitter×ブログ×動画自動投稿支援ツール

13. Yahoo!アドレス半自動取得ツール

14. 全く新しいTwitterツール・トレンドリツイート

15. SEO・HTML講座

の以上15点を特典としてお付けいたします。

作業の集約化に必要なツールを厳選しています。

 

インフォトップ決済後オリジナル特典に

チェックを入れてダウンロードをお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ