初心者がマイペースで取り組む教材

夢先案内人です。

 

物販アフィリエイトが初心者に取り組みやすいことを述べましたが、

どのように取り組むべきか、教科書のようなものはないのか

ということに触れたいと思います。

 

夢先案内人が自信を持ってお勧めしたいのは

 

「風花初芽」

という教材です。

 

   

 

「どのような教材なのか」という点ですが、

・記事のテーマが浮かばない

・物販アフィリエイトがよくわからない

・キーワード選定がよくわからない

・トレンドアフィリエイトで挫折した

・アフィリエイトで成果が出なかった

・情報商材以外で成果が出るアフィリエイトをしたい

・Google Adsenseに挑戦したが懲りた

という方に持って来いの教材です。  

 

ざっくり言えば物販アフィリエイトの分野で

「楽天アフィリエイト」と「Google Adsence」を封印しています。  

 

言わば「単価の低い」物販アフィリエイトに早々に見切りをつけて

違った角度で物販アフィリエイトで稼いでいきましょう、 というコンセプトです。    

kazahana00         

 

 

「風花初芽」の評価とは

 

この商材は1万円以下の7700円ということが

非常に良心的であることが第一印象です。  

 

大勢の人が 1万円以下という価格から推測されるのは

「安かろう、悪かろう、中身が薄い」

という印象を持たれるのではないか、

ということですが、

良い意味で期待を大きく裏切ることになります。    

 

全巻198ページで全5章から構成されるボリュームです。

 

約200ページで1ページ当たりの価格は38.5円という価格です。  

この価格が高いか安いかということについて

述べていきたいと思います。

    

正直なところ「風花初芽」には賛否両論存在します。    

 

中には否定的な意見も存在します。

これは私も否定しません。    

 

何故否定的な意見があるのかという点ですが、

記述されている内容がネット上にすでに散見できる、

あえてお金を出してまで購入する必要がない という理由も存在します。      

 

確かにノウハウ的にはネット上に存在します。

ところがネット上にあるノウハウは複数種類あり、

複数の人間が公開しています。

 

ネットビジネスの初心者が陥るのは

情報が錯乱して

どれが本物の情報でどれが正しい情報なのか

判別できないばかりか、

無料の情報を洗いざらい集めてくることが出来ますか、

どれが正しい情報で整理して判別できますか、

という点に尽きます。

  051216             

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネス初心者にとって 無料でありがたいと思うでしょうが、

「船頭多くて船陸登る」状態になるわけです。

    

ネット上ではこういうノウハウがある、

ところが別の人は違ったノウハウを提供している、

ネットビジネス初心者には何を基準に信じるか

という点で混乱をきたすでしょう。    

 

 

こういった点で 情報とノウハウが整理されているという点では

「教材の価格は非常に安い」というのが私の見解です。      

 

 

中身に戻って覗いてみると先に述べたように全5章198ページの構成です。

  20150404232154987     

 

 

 

第0章 実践の手引き

第0章では実践の手引きの章で実践するにあたっての心構え的な解説をしています。    

 

さらに

この教材の最大の売りは

「超初心者に他の手段を調べさせない」という点です。

「この方法がわからない」というのは誰でも経験しますし、

私自身も経験してきました。    

 

ですが、

それをこの一冊の教材ですべて網羅していることです。

実践の手引きでは 調べる必要がないように教材の進め方から解説しています。  

「他の方法を調べさせない」というのは

「他の方法を調べてもらう必要がないように」

という意味で、非常に丁寧に噛み砕いて解説しています。

 

    kazahana01  

内容的には抽象的な表現ですが、

これを詳しく解説していくと

実践者がすべてその通りに文章を作成してしまい、

結果的に同じようなサイトを量産する危険を防いでいます。    

 

この教材を勧めるポイントは

「自分でイメージをしながら進めていく」 ということです。    

 

この0章では各章の触りについて述べています。

各章についてどのように取り組んでいくべきか マインドセットについて述べています。

 

マインドセットというのは先に述べたように気持ちの在り方です。

成果が出なければとかく挫折を味わうことになりますが、

成果が出ないときほどマインドセットが大切になってきます。      

 

つまづいたら、

どこでつまづいているのか、

どこか自己流で実践してはいないだろうか、

どこか大切な部分を省いてはいないだろうか、

振り返ることが大切になってきます。      

 

そういった意味も含めて 「風花初芽」では大学ノートの活用を仕切りに述べています。  

 

この大学ノート活用も賛否両論ありますが、私は賛成です。      

 

サイトやイメージを構成していく、

読者に訴えたいがイメージがわかない、

セールストークでダメ押しの言葉になるフレーズを書き留める など、

活用法は無限大だと思います。  

 

ブログの方では 「設計図を書きましょう」ということを訴えましたが、

この大学ノートは「風花初芽」を実践していく

イメージのたたき台となります。

 

大事なくだりにはマーカーペンで強調する、

押しの文句は赤字で記入など自在性があります。      

 

確かに二度手間という意見も存在しますが、

手間を惜しんではサイトの構築もより良いものとはなりません。

大学ノートは大いに活用したいと考えます。

 

第1章 テーマと商品の選定

第1章では第0章に引き続きマインド的な内容が半分近くを占めています。

 

ここで大切なことは単にマインド的なことではなく、

商品の選定方法につなげる考え方の続きとみなす方がいいでしょう。

具体的な方法は14ページ以降の項となっています。    

 

21ページまでは商品選定の方法についての解説ですが、

この「風花初芽」では

プロダクトセレクションという言葉を使用しています。    

 

プロダクトセレクションは直訳すれば製品選定という意味ですが、

このプロダクトセレクションを理解するためのマインドを教えた後に

ここで初めて商品の選定方法の解説へとつながっていきます。    

 

第1章で第0章の続きと捉えがちですが、

ここでしっかりと基礎的な考え方を理解しなければ

最初につまづく項目です。    

 

22ページ以降はこの章の本題となっています。

ここでは売りやすい4つのジャンルを具体的に紹介しています。    

 

ここで注意したいのは

4つのジャンルを具体的に紹介しているがために

参入者が素直に実践すると

どうしても売りやすいジャンルへ偏ってしまいます。    

 

あくまで売りやすいジャンルという考え方ですが、

このジャンルの中でも自分の取り組みやすいと考える

ジャンルの商品選定にした方がいいでしょう。    

 

具体的なジャンルは紹介されていますが、

危惧される点としては、

初心者の方がこの具体的ジャンルへ殺到してしまいます。  

 

愚直に行えば行うほどライバルは多数になるわけですが、

逆を言えばジャンルはあくまでジャンルであって、

個別の商品を取り上げてはいません。      

 

他のライバルと差別化を図るには

推奨するジャンルでも

異質の物を扱う方がいいでしょう。  

 

例えば

化粧品というジャンルがあれば

男性用化粧品も異質の商品となるわけです。  

 

「男性が化粧品?」と思うでしょうが、

男性でも制汗剤やアフターシェービングを使用します。

冬場になれば、 リップクリームを使用する方もいますし、

ハンドクリームも使用します。    

 

とかく女性の領域と囚われがちですが、

広い視点ではジャンルを絞られても

商品の具体的選定対象は広いと考えるべきです。  

 

具体的な稼げるジャンルを4つ提示していますが、

それだけ

この「風花初芽」の著者である高田康孝さんの

親心と捉えるべきでしょう。

 

第2章 ブログの開設と基本設定

ここでは推奨するブログの開設方法と設定について解説しています。  

著者である高田康孝さんは無料ブログとしてFC2を推奨しています。  

 

ここで私なりに何故Fc2を推奨するかについて述べたいと思います。

SEESAAやライブドアブログも含めて

アフィリエイト可能なブログサービスは多数ありますが、

中でもFC2は総アクセス数では第4位と検索順位と

アクセス数が非常に高いです。  

 

SEO対策を行う必要も特にはありませんが、

サイトを検索エンジンに登録することは必要になってきます。      

 

しかし

検索順位が高いからといってもコンテンツが薄い内容では

上位表示されません。  

 

検索エンジンに上位表示されるには相応のコンテンツが必要になってきます。

基本的にはコピペすることなくオリジナルの文章で

1記事400文字以上が理想的です。      

 

話題を本題に戻すと

ログイン型ブログとサーバー設置型ブログに分けられますが、

ログイン型ブログはFC2に代表されるIDとパスワードでログインして

自分のブログへ入れるブログです。   

 

対してサーバー設置型ブログはIDとパスワードで

自分のブログが設置されているサーバーへアクセスするタイプです。

このサイトもサーバー設置型です。      

 

ブログのテンプレートはログイン型のFC2のように

非常に多くのデザインがあるわけはありませんが、

デザインの自由度はログイン型に比較して大きいという点です。      

 

最初から自分の好きなデザインでブログを設置したいという願望は

誰でも持ちますが、

最初からサーバー設置型ブログを持つことはお勧めできません。      

 

 

やはり

ある程度読者を持って有益な情報を与えてアフィリエイト報酬が上がってから

設置型サーバーに移行するのが理想的です。      

 

設置型サーバーに移行するのは

毎月コンスタントに2~3万円のアフィリエイト報酬が上がることが目安になります。      

 

ログイン型ブログのままでも構いませんが、

最大のリスクはブログ閉鎖になるリスクが常に付きまとうことです。    

 

利益が上がりだしてきたときに突如としてアカウント凍結というのは

よくある話です。    

 

原因として

一番多い理由は一つのIPアドレスで同一ブログサービスで

複数のブログを開設することです。  

記事を重ねて順調になりだす頃に突如閉鎖されます。  

 

せっかく記事を重ねて資産になりだしたときに

このようなことがあっては誰でも挫折してしまいます。    

同一IPアドレスで同一のブログサービスで複数作ることは避けましょう。    

 

ノウハウや教材に取り組み成果が上がらないと

別のテーマでブログを立ち上げて別のテーマで記事を重ねることは

知らず知らずのうちに規約違反を犯すことになりますので

事前に規約を確認しておくことが必要です。      

 

第2章ではブログのキーワードについて4つのパートで解説していますが、

初心者の方にわかりやすくは説明されています。    

 

しかし、

専門用語が散在してソース、メタタグという専門用語も存在します。  

これらの専門用語について具体的な解説はされていませんので

ここの点が唯一の不親切な点というところです。    

 

ここでソースに関して簡単に説明すると、

「風花初芽」で推奨しているFC2ブログで記事を書いていくと

改行や段落をすると下書き上では改行や段落を設定できますが、

プログラミング上では<br>という記号が付随します。    

 

ブログでヤフオクのノウハウを触りましたが、

ヤフオクに出品する際にもHTMLソースで作成するテンプレートが存在し、

自分のイメージするように自在に改行や段落の設定が出来ます。

出来上がったHTMLソースを見ると指示に従って様々な記号が存在します。  

こういった記号と配列が俗に呼ばれるソースというものです。    

 

対してメタタグについてですが、

メタとは包括的な意味を示します。

タグとは記事に散在しているキーワードとなる言葉です。    

 

例えば

記事で男性用白髪染めの商品のアフィリエイト記事を作成し

記事にアップする際に

検索エンジンにヒットするようにキーワードをタグとして登録しますが、

メタタグはその記事の包括的な内容になるキーワードになります。    

 

男性用白髪染めであれば

「男性用白髪染めの口コミ・比較」という

消費者が検索するであろうキーワードがメタタグとなるわけです。    

 

ブログを作成して

個々の記事の題名を付ける場合は検索されやすいキーワードを付けて

検索のキーワードとなるワードをタグとして登録します。    

 

個人的な経験値ですが、

メタタグは比較的想像しやすいキーワードで

タグに関してはシビアになる必要はありません。      

 

第2章で長いタイトルは「スパム扱いされる」という記述がありますが、

経験上スパム扱いされたこともありませんので

消費者が検索したいであろうキーワードをタグに登録すれば

それで良いというのが見解です。      

 

第2章ではブログのデザインや環境まで言及されていますが、

教材通りに設定すればオリジナリティーに欠け、

同じようなブログが量産されてしまいますので、

明るいイメージを意識してブログサイトを構築していきましょう。      

 

男性に多いのが

クールをイメージしてダークなデザインを採用する方もいますが、

物販である以上否定的な印象を持つようなデザインでは逆効果だと言えます。

老若男女問わず読者は皆消費者ですので

明るいイメージのデザインが無難といえます。

 

 

第3章 ドラマチック文章術

 この章が

「風花初芽」の最大の肝になるといっても過言ではありません。

 

とかく初心者の方がつまづくのは「記事が書けない」という点です。  

この章では「記事を書けない理由もかけない理由にさせない」というくらい

具体的かつ簡潔に解説しています。  

 

さぞかし具体的に奥深い内容になっていて理解できないのでは、

と危惧される方もいると思いますが、

 

    • 売れるブログの条件

 

    • お役立ち記事とレビュー記事の書き分け

 

    • お役立ち記事の書き方

 

    • お役立ち記事の構成

 

    • レビュー記事の書き方

 

    • レビュー記事の構成

 

    • ドラマチック文章術とは?

 

これだけの内容をたった2ページに凝縮して述べています。  

 

思わず拍子抜けしてしまうと思いますが、

肝に難しくて詳しい解説は必要ありません。  

ここを詳しく書けば同じような記事が量産されることを防いでいます。  

 

ここで重要なことは「すべてイメージとして捉えておくこと」です。    

抽象的な表現で理解できないという方もいると思います。

ここを具体的に書けば皆が模倣してしまい

同様な記事やサイトが量産されます。  

 

そうなっては

苦労して書いた記事が他にも多数存在していた結果にもつながります。    

 

レビュー記事は多数存在しますが、

どのように記事を作成すれば購買意欲が増すか、

ドラマチック文章術が肝となります。

 

第4章 アクセスと収入アップ

ボリューム的に51ページから構成されるノウハウの記述です。  

 

この章の大切なところは「アクセスアップに必要な7つの行動」です。

 

ステージ0として

アクセスアップに必要な最低条件として記事を50記事作成することです。

 
 
この50記事の見解ですが、

「風花初芽」に限らずアフィリエイト教材には

ほぼ同様のことが記載されています。      

 

何故50記事必要なのか、

日々巡回してくる検索エンジンにヒットさせるために

必要最低限の記事数とコンテンツの量であると考えます。    

 

1記事100文字程度で10記事と1記事400文字で50記事では

ペラサイトを量産していると検索エンジンに判定されかねませんし、

検索されても上位表示は難しいと考えます。    

 

1日1記事で50記事を作るには約2か月かかる計算ですが、

1日2記事作成しても1カ月で上位表示されるわけではありません。

  

クローラーと呼ばれるWEBサイトを収集する検索ロボットが

日に何度も巡回してくるわけでもありませんし、

検索のアルゴリズムは日に何度も変動はしていません。    

 

ステージ1ではGoogleウェブマスターツール登録や

ブログの基本構築が記載されていますが、

この作業は

ブログを開設した時点で行うべき作業で同時進行と考えて構いません。    

 

Googleウェブマスターツール登録に登録しないからと言っても

検索エンジンにヒットしないということはありません。  

 

ただ

検索で上位表示させるにはGoogleウェブマスターツール登録は

ぜひ行いましょう。  

Googleウェブマスターツール登録とPing送信はほぼセットです。    

 

ブログの基本構築ですが、

個人の好みが出やすいのが基本構築です。    

デザインにしても1カラム~3カラムまで種類があります。

 

3カラムで記事を重ねていき、

途中で2カラムに変更したいということも可能ですが、

固定したい部分が抜けてしまうというアクシデントもありえますので、

デザインは最初にある程度設計図を書いて

イメージしておくことをお勧めします。      

 

さらに攻撃編のステージ2ですが、

ランキング攻略と閲覧回数、滞在時間の増加のノウハウが記されています。  

 

どれも非常に大切な要素であるため検索エンジンにヒットし、

閲覧回数を増加するには コンテンツ(内容)の充実が必須となります。  

 

コンテンツ(内容)が濃い=滞在時間が長い⇒検索上位

という 図式が成立するのはこういった理由です。    

 

この章では7つのステージに分けられていますが、

実践上では各ステージのポイントを大学ノートに書き写して

記事を重ねながら実践していくことをお勧めします。    

 

総括

情報商材を購入して果たして自分は再現できるのか

という不安は誰でも経験します。  

 

私自身とかくありがちな傾向として

PDFファイル1000ページという量に対して

圧倒されてものぐさになりがちですが、

最初にしておいた方が良いのは「まず全体に目を通すこと」です。    

 

「風花初芽」は物販アフィリエイトの教材として

決して内容量は多いというわけではありません。

情報商材全体で考えればむしろ情報量が少ない方です。    

 

手にした際にはまず全体に目を通して

どこにどのような内容が書かれているのかをある程度把握して

ポイントとなる部分を大学ノートに書き写し、

全体のイメージを設計図として描いてから取り組むことをお勧めします。    

 

実践するにあたってはポイントを確認しながら

まずは教材に従って愚直に取り組むことが成功への近道です。    

 

中には教材に対して否定的な意見を述べているサイトも存在しますが、

その裏でしっかりと結果を出している方も大勢います。

否定的な意見は結果を出せなかった人の意見です。    

 

物販アフィリエイトを行っているサイトを参考にすることも大切ですが、

まずは自分のイメージするサイトを構築していくために

ブログの記事を重ねて読者様を増やしていくことに徹しましょう。    

 

経験上記事を重ねていくことで文章力は自然に上がっていきますし、

文章力が上がっていけば読者も自然に増えていきます。      

 

まずは商材を愚直に行ってその上で

自分の使用経験を生かした記事を構成していく、

使用にあたってこうしたら良くなった

などの経験談が読者の心を掴むといっても過言ではありません。    

 

読者が知りたいのは

「実際のところどうなの?」

という点に尽きます。      

 

商品を売り込むにあたってメリットは最大限に、

デメリットもあるが、こうすることでカバーできる

という徹底した消費者目線に立つことが成果への近道です。    

ぜひトライされてはいかがでしょうか。

 

     

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ